抜け毛の種類 〜 抜け毛対策

main_top_over_navi
main_top

抜け毛の種類


抜け毛と一口で言っても、色々な種類の抜け毛があります。髪の毛が抜けた後、新しい毛が生えてこない症状を医学的には「脱毛症」といいます。脱毛症は、何種類かに分かれていますが、主な物としては下の7種類です。

・「男性型脱毛症」
 おでこの生え際から後退していき、頭のてっぺんが薄くなる脱毛症状です。(最近は女性の方にもこの様な症状が見られます。)
・「円形脱毛症」
 よく1円ハゲとか10円ハゲと言われるタイプで、気が付いた時には丸く円状に髪の毛が無くなっています。
・「老人脱毛症」
 高齢の方に起こるもので、老化によるものです。頭皮が見えるほど薄くなります。
・「脂漏(しろう)性脱毛症」
 頭皮に皮脂が過剰につきベトついた状態です。皮脂が毛穴を塞いでしまって細菌が溜まり、毛母細胞が壊れて脱毛します。
・「粃糠(ひこう)性脱毛症」
 乾燥によるフケが原因で毛穴を塞いでしまい、細菌が溜まり、毛母細胞が壊れて脱毛します。
・「トリコチロマニー」
 自ら健康な髪の毛を抜いてしまう癖のような症状です。ストレスが原因と言われています。
・「出産後による脱毛症」
 妊娠中のホルモンのバランスが崩れ、抜けるはずの髪の毛が抜けない為に、産後ホルモンのバランスが正常になった時に一気に抜けるといわれています。

抜け毛といえば、最初に挙げた「男性型脱毛症」が圧倒的に多いといわれますが、その症状をよく見ると、他の脱毛症である場合もあるのです。抜け毛対策をするのでしたら、まずは自分の抜け毛の種類をよく理解しておきましょう。その抜け毛の種類に合った対策をするのが、抜け毛を食い止める近道です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 抜け毛対策 All Rights Reserved.

合コン